七十路半ば淑美の独り言 

アクセスカウンタ

zoom RSS 淑美の短歌日記 如月   立春、椿、ひな飾り、大風

<<   作成日時 : 2017/02/28 11:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

写さむと見上げる桜の上の空よぎりて飛び去るトンビが一羽


節分の空清らかに澄み渡りはるかに輝く富士の銀頂
      残念ながら写せない
      飛行機も写せない

画像



紅椿ぼってりと頭下げている蕾は上に伸びているのに


何故だろう今年も葉陰にひっそりと咲いているのね藪椿一つ


昨年の残りの豆で「鬼は外」残り物に福信じた振りして


ピ−ヒョロロ鳴いて交錯するトンビ立春の空日本晴れです


銀翼が立春の空よぎる時負けじと弧を描くトンビ悠々
       高度は違うが同じ視野に重なり入ってきた


画像



野菜籠の里芋にはもう芽が出ています水耕栽培今年もしましょう
       昨年は里芋、薩摩芋長持ちしたから


階段を駆け降りる音今朝も元気「行ってくるよ」の声の代わりね
       息子、嫁、孫娘、孫息子足音それぞれ性格でている


雨降ると聞いて懸念をしていたが今朝はまだ曇り今日検診日


東京は予報通りの雪だとか通学通園の孫を心配


鈍色の空に機影は見当たらぬいつもは銀翼よぎる時間よ


同じよに杖ついてる女が言いました「両ひざに人工関節入っているから」
 
       エレベーター待つ間に交わした二言三言


「お互いに滑らないよにしましょうね」雨降り始めて 足元おぼつかない
         彼女はバス乗り場へ


一昼夜ぐっすり寝たいと思うけど習慣(ならい)恨めし早朝目覚めぬ
         睡眠導入剤のCMしていた田部井さん死んでしまった。


沈丁花垣根にズラリと並んでる花粉は大丈夫かこの家の住人


アレルギーの犯人なんだと団地の沈丁花懇ぎ取った女がいたっけ
        大阪の団地での話
        この時期になるとマスク、帽子、メガネ、手袋、長コート
         の彼女を思い出す

画像



沖縄の娘ら終えしか雛飾り我は飾りぬ寄せ集めの雛
五段ぞろえの雛は娘と一緒に沖縄へ嫁入り


さわさわとミモザの枝が揺れている花が開けば車に降るだろ
         妻は花を愛で夫は車掃除に精を出す

トランプの札を操る晋三さん手なみの程を見守る国民


名を知らぬ作曲者の曲聴いている歯科診察室治療台の上
         始めて聞く名前,でもメロデーは知っている


窓ガラスカタカタ鳴らす南風今日は春一番の名乗りあるのか


公然と行われたのか暗殺が命令者それを特権となすか
        北朝鮮の金正男殺されて金正恩政権の関与あるとか


衆目の間中で命断たれたる男の来し方何だったのか
               毒ガスで命落とすとは定めにはなかったはず      



 一本は早葉桜よ河津桜隔てる道が光の分かれ目
               咲き始めて散るまで、二本の木に逆転は無かった


ごうごうと恐ろしいほどの風吹きぬ大気濁りて心もよどむ日
            椿の木も折れそうな風が吹いた
            三浦では27メートルの風だったとか


「ようやくに風邪のピークは過ぎました」内科医ホッと笑顔で言ってる


インフルエンザ終わってもマスクは減らないよあちらもこちらも花粉症患者


今日もまた大風拭いて辻々で狂おしく揺れてるミモザの花房
                            

白梅も紅梅もみな大風に吹き払われて裸木きしむ
 
      どこの庭もまた殺風景次の彩りは何の花花だろう


道横のプランターに生うるイチゴ苗すくすく伸びて今日は白花
              実が赤くなるのはいつだろう


胸張って公園の芝生ツツツと走る小鳥見つけてしばしたたずむ
              黒と白の羽の10センチくらいの小鳥2羽、焦げ茶色の羽の15センチぐらい
              のが3羽、入り混じって動き回っている。親子か違う種類か?
              なんだか気になってしばし見ていた



画像



戻り来て小鳥図鑑を広げ見て記憶と照らして「これかもね」と
        小さい方はシジュウカラ、大きいのはムクドリらしい
        図は小鳥図鑑より


鎖無く走る犬見て「元気ね」と言えば飼い主「70歳ですよ」と
         わたし悔しいけれど年齢勝っても脚力負けてる


「 淑美の夕食日記、献立紹介」もご覧ください

http://blog.livedoor.jp/yumebaba

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
淑美の短歌日記 如月   立春、椿、ひな飾り、大風 七十路半ば淑美の独り言 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる